女性

多くの電気料金がかかるビルは省エネ対策を心掛けよう

  1. ホーム
  2. 行政による支援の活用

行政による支援の活用

作業員

地域による手厚い支援

自社で所有しているビルにオフィスを構えている企業では定期的に大規模修繕を実施する必要が生じるでしょう。その工事費用を工面するのが大きな問題になりがちですが、ビルが建っている地域によっては地域による手厚い支援を受けられる可能性があります。大規模修繕費用の一部を補助金によってまかなうことができる地域もあるからです。修繕内容や時期、金額などによっても支援を受けられるかどうかに違いがあり、地域によってはその地域の商工会に属している業者に修繕を依頼しなければならない場合もあります。しかし、数十万円から数百万円の支援を受けられることがあるため、大規模修繕にかかる費用の工面を考えたときには情報を集めてみると良いでしょう。

修繕費の削減

行政からの補助金を受けて大規模修繕費用を工面する目的は修繕費の削減が目的なのが基本です。しかし、企業としてのメリットにはもう一つあります。補助金制度の内容によっては地域に対する知名度を高める効果も期待できるのです。補助金を与えられた企業についての記事が市報などに掲載される場合もあり、それまで無名だった企業が突然地域に知られるようになる可能性もあります。また、大規模修繕を行う際には周囲の建物の所有者に迷惑がかかることがありますが、行政が支援してくれているという事実があるだけで妥協してくれる人も多くなると期待できるでしょう。このようなメリットがあるからこそ費用の工面に行政からの補助金が着目されています。